株主優待どうして廃止・改悪?3つの理由

家計・投資
PVアクセスランキング にほんブログ村
よっくん
よっくん

どうも、よっくん(@yokkun_lifeblog)です

日本株には特徴的な制度があります。
外国株ではなく日本株にしかありません。

その制度が株主優待です。

全上場企業4,127社のうち1524社で36.7%もの上場企業が取り入れています(※出所:野村インベスター・リレーションズ 2020年9月末時点)。

我が家でも株主優待を活用しています。お米も貰えるしカタログギフトから商品を選ぶのも楽しい。QUOカードでコンビニの支払いだってできちゃいます。

今回はそんな株主優待制度が廃止・改悪となるリスクについてです。

ここに注意!

・海外投資家、機関投資家の保有率
・企業の財務状況
・個人投資家の増加

スポンサーリンク

そもそも株主優待制度とは?

企業が定めた株数を『権利付き最終日』に持っている株主に対して贈与する制度です。お米や特産品などの食べ物から商品券・割引券・QUOカードなどの金券・カタログギフトまで幅広い優待があります。

何のために株主優待があるの?

企業は個人株主に安定的な株主になって欲しいと考えています。株主優待はその企業のファンを増やし、個人の株主獲得や長期保有の促進を目的として行われています。

企業側からすると、個人株主は自分達の判断で株の売り買いができ動きやすいため、長期で持ってくれる安定的株主を求めています。

ここに注意!株主優待が廃止・改悪になるリスク

株主優待を目的とした投資を行っている場合、もっとも困るのは株主優待の廃止です。優待目的で株を買ったとしても、廃止されてしまうと貰うことができません。

改悪となった場合も近いうちに廃止となる可能性もあるため注意して監視する必要があります。

海外投資家、機関投資家の保有率→【株主平等の原則】

株主優待は個人株主の増加を目的に実施されている場合が多いため、少ない株数の場合に利回りが高いのが特徴です。

1株1000円の企業Aが株主優待を100株で2000円の商品券としていた時

100株を持っていた場合は

2000(円)÷(1000(円)×100(株))=0.02となり

優待利回りは2%です。

200株を持っていた場合は

2000(円)÷(1000(円)×200(株))=0.01となり

優待利回りは1%となります。

株主優待獲得に必要な最低株数よりも多くの株を持っていた場合、多く持っている株主の方が利回りが下がる分損してしまうのです。

しゃるる
しゃるる

いっぱい持ってると損する!
なんて不合理な制度だにゃ!

よっくん
よっくん

君のおやつも優待で買ってるよ?

しゃるる
しゃるる

にゃ!?

配当金などは持っている株数に応じて支払われるため、株主優待制度は株主に対して平等とは言えません。優待制度に使われている分の費用も配当金や設備への投資へ回し、全株主が平等な利回りを得るように求めている声があります。それが海外投資家や機関なのです。

企業の財務状況→【売上・利益の減少】

企業の利益が減少した場合、利益無い状態から還元することはできないため廃止・改悪する企業がでてきます。

2020年から現在にかけても新型コロナウイルスの影響により売上や利益が減少してしまう企業が多数でてきており、株主優待を実施している企業も減少しました。

過去には2008年のリーマンショック時に廃止・改悪する企業が129社を記録しています。

個人投資家の増加→【優待コスト増加】

株主数が多い企業では株主優待を実施するコストもかかります。個人株主が急増し、予想外に多くなってしまった場合でも、優待品・送料等のコストが掛かるため廃止する場合があります。

例として、『トラスコ中山』は2020年12月をもって株主優待制度を廃止しています。

同社は100株以上保有で優待ポイントを付与する株主優待を実施していました。そのポイントでお米や日用品などのパンフレット掲載商品と交換できる人気の優待でした。

廃止の理由として『株主数が増加し、2020年には約5万名となることが予想される。それに伴う優待商品の費用や運営費用が年々増加しており、今後も物流設備や情報システムへの投資を継続する必要があるため、検討を重ねた結果、株主制度を廃止する』といった旨のIR情報を出しています。

個人投資家率が急増している企業は要注意です。

よっくん
よっくん

『トラスコ中山』保有していました…

廃止のお知らせは相当ショックでした…

まとめ

今回は株主優待の廃止リスクについてでした。

株主優待制度は個人投資家にとって非常にありがたい制度です。導入している企業も多く面白い株主優待を探すのも面白いですね。

しかし一方で廃止・改悪となるリスクも有しています。株主優待が廃止になると株価も下落することが多いのでWパンチをくらうことになります。かなりショック。

よっくん
よっくん

株つらい…

一株主として、株主優待は貰えると嬉しいものです。人気の優待だからといって買うのではなく、しっかりと見極めて買いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ではまたっ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
この記事を書いたのはこんな人

1991年兵庫県生まれ。サラリーマン兼ブロガー。2018年に長男が産まれ、現在は妻と長男の3人家族。2021年6月に次男が産まれる予定。2018年から株式投資を行う。転勤族のため関西圏を転々と移住している。よっくんHOMEを通じて、困っていること・悩んでいることの解決へのお手伝いができるよう、実体験をメインに書いています。

よっくんをフォローする
家計・投資
スポンサーリンク
よっくんをフォローする
よっくんHOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました