【ダイエットの味方】ナッツの栄養素と食べるタイミング

ダイエット
PVアクセスランキング にほんブログ村
よっくん
よっくん

どうもっ、

よっくん(@yokkun_lifeblog)です

ダイエットにおすすめのナッツをご紹介します。

私も現在行っている16時間断食ダイエットを継続しており、日々体重の増減に一喜一憂しています。

今回はダイエット生活の味方、おすすめのナッツについてです。

栄養があり、味も美味しいナッツ。

上手に取り入れて楽しくダイエットしていきましょう。

ナッツを摂取する利点

食物繊維が摂れる
植物性の高い栄養素
不飽和脂肪酸の摂取
歯ごたえによる満腹感

ナッツを食べるタイミングと量

昼・夜の毎食前に一握り

ナッツは一部、アレルギー特定原材料等に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしてください。
何らかの持病をお持ちの方は医師の指示に従ってください。

スポンサーリンク

食物繊維が豊富

日本人の食物繊維不足は最近よく聞く話ですね。

穀類・いも類・豆類の摂取量の減少に伴い、平均摂取量は1日あたり14g前後と推定されています。

厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたりの「目標量」は、18~69歳で男性20g以上、女性18g以上となっています。(出所:厚生労働省 e-ヘルスネット)

食物繊維には食後の血糖値の急激な上昇を抑える作用もあります。

これがダイエットに重要。

食後の血糖値の急激な上昇を抑えることができたら、ダイエットの天敵であるインスリンにも対抗することができますよね。

食物繊維は

  • 水に溶ける「水溶性食物繊維」
  • 水に溶けにくい「不溶性食物繊維」
  • 難消化性でんぷんの「レジスタントスターチ」

の3種類に分かれています。

このうち、ナッツ類に多く含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」です。

保水性が高く、胃や腸で水分を吸収して大きく腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進してくれます。

また発酵性があり、大腸内で発酵・分解されるとビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果があります。

ナッツは良質な「総合栄養源」

ナッツ類は様々な栄養素が豊富に混じった植物性食品で栄養価は高いです。

先にあげた食物繊維をはじめ、たんぱく質(植物性)・ビタミン類・ミネラル・カリウム等の栄養素が多く入っています。

ダイエットの効果が期待できるほか、足りない栄養素を補うことができますね。

もちろんナッツだけでは足りません。

バランスのいい食事とともにプラスでナッツを食べましょう。

不飽和脂肪酸の摂取

体内で合成できないので、摂取する必要のある必須脂肪酸になります。

様々な作用を持っていますが、ダイエットに関していえば、コレステロール値を下げてくれる役割もあります。

不飽和脂肪酸は熱や光、空気で酸化しやすく、高温で調理すると大気中の酸素と反応し過酸化脂質となってしまうため、そのまま食べるナッツと相性がいいです。

歯ごたえによる満足感

ナッツってしっかりと噛んで食べますよね。

私のおすすめは1粒づつゆっくり噛んで食べることです。

こうすることで満腹中枢が刺激されて満腹感を感じやすくなります。

ミックスナッツでいろいろな食感もあり飽きが来ずに楽しめてます。

ナッツを食べるタイミングと量

体にいいナッツですが、大量に食べたらいいわけではありません。

私は片手、手のひらに無理なく乗る程度です。

いちいち何グラムとも計るのは面倒なので大体です。

タイミングとしては、間食無しダイエットをしていますのでご飯を食べる直前に食べています。

まとめ

ナッツは手軽に食べることができますし、おいしく、栄養素も高いです。

まさにダイエットの味方ともいうべき食材ですね。

ただ、ナッツばかり食べるのではなくバランスの取れた食事にプラスして食べるようにしてください。

無理なく楽しくダイエットを継続していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ではまたっ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

私は食前にこのミックスナッツを食べています。

4種類のナッツが入って個包装がありがたい。そして何より無塩なのに美味しいんです。

この記事を書いたのはこんな人

1991年兵庫県生まれ。サラリーマン兼ブロガー。2018年に長男が産まれ、現在は妻と長男の3人家族。2021年6月に次男が産まれる予定。2018年から株式投資を行う。転勤族のため関西圏を転々と移住している。よっくんHOMEを通じて、困っていること・悩んでいることの解決へのお手伝いができるよう、実体験をメインに書いています。

よっくんをフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
よっくんをフォローする
よっくんHOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました